健康運アップの家相占い!家族の病気を防ぐための5つの開運行動とは?

風水や方位学などをベースにした開運術、家相占い!

方角には色々な意味があり、健康運をアップさせる方角もあるんです。

家族や自分を病気から守り、元気な毎日を送りたいですよね?

ぜひ日々の生活に方角のパワーを取り入れて、病気になりにくい生活を送りましょう!

それではさっそく、健康運アップの家相占い・開運行動を5つ紹介していきます。

スポンサーリンク

健康運アップの家相占い・開運行動(「西」で疲労回復)


「なんとなく調子が悪い」、「いつも疲れている」という人は、西を掃除してみてください。

「西」は、休息に関係の深い方角。

西の部屋を掃除すれば、しっかり休めて疲労回復できるでしょう。

休息に影響を与える西は、寝室にもオススメ。

寝つきが悪い人や、眠りが浅い人は、西にベットを置いてみてくださいね。

家相占いでは、睡眠中は気を整える大切な時間と考えられています。

寝室は、好きなものを置いたり、お気に入りのルームフレグランスを楽しんだり、リラックスできる空間にしましょう。

パジャマを上質なものにするのもいいですね。

スポンサーリンク

健康運アップの家相占い・開運行動(元気に過ごしたいなら「東」を意識)


「東」は、元気や活力をくれる方角です。

東で運動をすれば、いつもより効果が出るかもしれませんよ。

ストレッチやヨガで、全身をほぐすのもいいでしょう!

運動のほか、バランスの良い食事も、健康にとても大切ですよね。

東は、キッチンにも向いています。

キッチンは、家族の健康に直結する大切な場所。

食器や調理器具は都度片づけ、汚れたらすぐに掃除をして、常に清潔を保ちましょう。

キッチンが東にない場合、東を向いて食事を取るようにしてみて。

食べ物のパワーをもらうことができますよ。

スポンサーリンク

健康運アップの家相占い・開運行動(安眠へ「北枕」は試す価値あり)


健康の基本はなんといっても、質の良い睡眠!

北枕は縁起が悪いと言われることが多いですが、風水や家相占いでは、実は吉方と考えられています。

風水で「北」の方角は冬を意味していて、冬は春に向けて力や体力を蓄える季節。

そのため北を向いて寝れば、翌朝に向けて元気を蓄えることができるんです!

普段ぐっすり眠れないという人は、一度試してみてください。

また起床後は、朝日を浴びることも重要ですよ。

朝日はとても強いパワーをもっているため、悪い気を払い良い気で満たしてくれます。

スポンサーリンク

健康運アップの家相占い・開運行動(鬼門のトイレは要注意)


鬼門とは、「北東」の方角のことをいいます。

鬼や邪気など良くないモノの出入り口であり、家の中でも特に注意が必要な方角として、古くから伝えられてきました。

また、トイレも開運に直接影響する場所とされています。

トイレ掃除は開運の第一歩ですが、なかでも「鬼門」にトイレのある間取りは、要注意!

汚れが溜まると、健康運をはじめ、運勢全体が一気に下がってしまうんです。

北東のトイレは、なるべく毎日掃除をして、常に清潔にしておくことを強くオススメします。

スポンサーリンク

健康運アップの家相占い・開運行動(湿気を飛ばして前向き思考に)


家の状態は、知らず知らずのうちに、住む人の精神へ影響を与えています。

「ついネガティブ思考になってしまう」、「いつもクヨクヨ悩んでしまう」という人は、家の中の湿気が多いのかもしれません。

ジメジメとした空間は、人の心も暗くさせてしまうんです。

とくに家相占いでは、寝室は運気を整える大切な場所。

朝起きたら、寝室の換気をして湿度を飛ばしましょう。

また、寝室や湿気の気になる部屋には、炭を置いてみてください。

炭は、湿気を吸い取り、空間を浄化してくれる開運アイテムなんですよ。

まとめ

健康運をアップさせて、病気になりにくい生活を目指す家相占いを紹介しました。

ゆっくり休みたい場合は「西」か「北」、パワーアップしたい場合は「東」を意識してみて。

また家相占いでトイレは開運のポイントですが、特に鬼門にあるトイレは、健康運や家族の病気に直接影響を与えるため、常に清潔にしておきましょう。

開運したい人は、方角の力を毎日の生活に取り入れてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA