やりすぎ都市伝説で登場したナイキとアディダスのスニーカー全まとめ2020年4月29日

2020年4月29日(木)に放送されたやりすぎ都市伝説。

ナイキとアディダスの知られざる戦いで登場したスニーカーたちがイケているとネットで話題に!

こちらの記事にまとめました。

スポンサーリンク

上田歩武(上田あゆむ)が語るナイキVSアディダス!やりすぎ都市伝説

ナイキとアディダスのスニーカー戦争。

語るのはグッドウォーキンの上田歩武(うえだあゆむ)。

スニーカー大好き芸人でブレイクしています。

トムサックス(ナイキ)

トムサックス
  • 商品名:トムサックス(NikeCraft Mars Yard Shoe 2.0 Tom Sachs)
  • 値段(定価):2万円
  • 値段(相場):50万円
  • 発売日:2017年7月

定価が2万円。

いまは50万円にもなってるプレミアムスニーカー。

ストーリーテラーの上田さんが履いてスタジオ入り。

もちろん、家からは履いてきていません。

汚れないように楽屋で履き直して登場してました。

価格の高さは、数量限定で販売されているところが大きいようです。

スポンサーリンク

ズームXヴァイパーフライネクスト%(ナイキ)

ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
  • 商品名:ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
  • 値段(定価):4万3000円
  • 発売日:2019年9月

いまでは超有名なナイキの「ズームXヴァイパーフライネクスト」。

箱根駅伝で選手の「8割」が履いていたといわれる、スーパーマラソンシューズ。

マラソンの自己ベストや大会記録を塗り替えるランナーが続出し、大きなニュースになっていましたね。

 

スポンサーリンク

スーパースター(アディダス)

スーパースター
  • 商品名:スーパースター
  • 値段(定価):1万円
  • 発売日:1985年

アディダスはかつて「天下のアディダス」と言われていて、スニーカー業界のトップを独走。

そのとき有名選手の誰もが履いていたのがこの「スーパースター」でした

今でもたくさんの人に支持されているアディダスの王道デザインとなっています。

 

スポンサーリンク

エアテイルウィンド(ナイキ)

エアテイルウィンド
  • 商品名:エアテイルウィンド
  • 値段(定価):約3万円
  • 発売日:1979年

ナイキといえば「Air(エア)」。

ナイキのソールには空気が入っていますよね。

そしてこの「Air(エア)」を開発したのは元NASAの研究員「フランク・ルディ」さんでした。

ナイキにこの技術を提供し、最初のエアが入ったナイキのシューズがこの「エアテイルウィンド」となります。

エアマックス95(ナイキ)

エアマックス'95
  • 商品名:エアマックス’95
  • 値段(定価):約2万円
  • 発売日:1995年

エアマックス95は日本でも大ブームとなりました。

「エアマックス狩り」なんて野蛮な言葉もあったほど。

 

エアジョーダン(ナイキ)

エアジョーダン
  • 商品名:エアジョーダン
  • 値段(定価):約6万円
  • 発売日:1985年

ナイキの功労者といえば、誰もが知っているアメリカのNBAスター「マイケルジョーダン」。

ナイキはマイケルジョーダンと年間契約し、世に送り出したのがこの「エアジョーダン(ジョーダン・ワン)」でした。

当時NBAのルールでは「バスケットシューズは白が基調。白以外なら罰金を払ってもらう」となっていたのですが、ナイキはその罰金を立て替え、ジョーダンにこのシューズをはき続けてもらったとか。

 

アダブトBB(ナイキ)

ここにタイトル
  • 商品名:アダプトBB
  • 値段(定価):約4万円
  • 発売日:2020年2月

このアダブトBBは、映画「バックトゥザフューチャー」に登場した「未来のシューズ」を再現したもの。

ナイキが会社の総力をあげて世に送り出したものです。

驚くべき事にこのシューズ、アプリと連動。

アプリを動かすことで、靴が勝手に足にフィットしてきたり、ソールの側面ライトも光るようになっています。

ネットの反応|やりすぎ都市伝説で登場したナイキとアディダスのスニーカー

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です