相撲の勝武士(しょうぶし)がコロナで死亡、wiki経歴・本名は末武清孝

新型コロナウイルスには若い力士の命までも奪う・・・。

2020年5月13日、高田川部屋の力士、勝武士(しょうぶし)さんが28歳という若さで亡くなりました。

現役力士のコロナ感染による死亡は初めて。

コロナは5月に入って徐々に感染者数羽減少傾向にあるものの、先日は政治家の方もお亡くなりになるなどやはり恐ろしい疫病であることは間違いありません。

スポンサーリンク

相撲の勝武士(しょうぶし・本名:末武清孝)がコロナ感染で亡くなる


新型コロナウイルスに感染し入院していた高田川部屋の力士、勝武士(しょうぶし・本名:末武(すえたけ)清孝)さんがお亡くなりました。

新型コロナウイルスによる現役力士の死亡は、初めてです。

2020年5月13日、享年28歳という若さ。。

日本相撲協会によりますと、勝武士は4月4日ごろ、38度台の発熱。

師匠らが保健所に電話をかけ続けますが、つながず。

都内の医療機関がひっ迫していた時期とも重なり、その後もなかなか受診できる病院が見つからなかったということです。

発熱から4日たっても熱が下がらず、血の混じった痰も見られたため救急車を呼びますが、受け入れ先がなかなか決まらず。

入院できたのは夜になってのこと。

翌4月9日に状態が悪化。

別の大学病院に転院。

4月10日にPCR検査で陽性と判明しました。

その後 集中治療室で治療を受けていましたが、5月13日午前0時30分、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなりました。

スポンサーリンク

勝負士(しょうぶし)のwiki・経歴プロフィール


勝武士
  • 名前:勝武士 幹士
  • なまえ:しょうぶし かんし
  • 本名:末武清孝(すえたけきよたか)
  • 生年月日:1992年11月4日
  • 出身:山梨県甲府市
  • 身長:166cm
  • 体重:108.9キロ
  • 部屋:高田川部屋

勝武士さんの本名は「末武清孝(すえたけきよたか)」。

1993年11月4日に生まれ。

山梨県甲府市出身。

初土俵は2007年3月、15歳のときでした。

生涯成績は260章279敗。

 

スポンサーリンク

勝武士(しょうぶし)の生涯成績


勝武士の生涯成績は、260勝279敗。

内訳は次の通りです。

各位の成績 勝敗数
三段目戦歴 147勝189敗/335出(49場所)
序二段戦歴 99勝83敗/182出(26場所)
序ノ口戦歴 14勝7敗/21出(3場所)
前相撲戦歴 1場所

 

特に好評だったのは、引退した東関部屋の「高三郷」との初っ切り。

スポンサーリンク

初っ切り(しょっきり)もはや名人芸の域!勝武士&高三郷


こちらは、2018年大相撲トーナメントにて行われた初っ切りの模様です。

もうこの姿が見られないことにファンの方からも

「信じられない・・・」

「勝武士さんがコロナで亡くなるとは…ショックを隠しきれません。」

という悲しみの声が多数寄せられています。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA