高校生が声優になるためにはどうすればいい?何よりも●●が大切

「アニメ」は今や “日本が誇るサブカルチャー” です。

そんなアニメの世界に欠かせない職種って何でしょうか?

これは簡単ですね。

そう「声優」さんです。

「声優」さんがいるからこそ、アニメに命が宿り見ている視聴者も楽しむことができます。

声のないアニメは正直もの足りなくないですか?

そんなアニメには欠かせない職業『声優』。

この職業にあこがれている高校生もいるのではないかと思います。

この記事では高校生が声優になるためにはどうしたらいいかを解説していきたいと思います。

ぜひ、最後までお読みください。

スポンサーリンク

高校生が声優になるためにはどうすればいい?声優は何より基礎が大切!

声優に限らず、何事も習得するには基礎が大切です。

声優にとっての「基礎」っていったい何でしょうか?

それは次の3つです。

  • 発声
  • 声をあてる技術
  • 演技力

声優になるためには、この3つは必須です。

発声練習は日々欠かさないのは言うまでもなく、アニメに声をあてる技術も大切です。

さらにはどんな役にもなりきる演技力

これがないとオーディションにすら受かることはありません。

なので、高校生から声優を目指すなら、この「発声」「声をあてる」「演技力」は意識して練習するようにしていきましょう。

スポンサーリンク

高校生が声優になるためにはどうすればいい?将来マルチに活躍するなら歌とダンスも覚えるべき!

声優になるためには「基礎が大切」という話をしましたが、実はそれだけでは将来食べていくのは難しい時代になってきています

というのも、今活躍している声優さんは、アニメに声を当てるだけでなく、アニメソングを歌ったり、ライブでパフォーマンスをしたり、マルチに活躍されています。

基礎だけではライバルとの差はつかず、基礎プラスαでできる得意技を身につける必要があります

ここは将来を見据えてぜひ取り組むことを忘れないでください。

スポンサーリンク

高校生が声優になるためにはどうすればいい?オーディションで勝ち抜くために!

声優の基礎を学んでも、オーディションで勝たなければデビューはできません。

では、どんな風にすれば声優デビューできるでしょうか。

プロの声優というのは、実際の性別も年齢も関係無く、いろいろな声を出せます

たとえ20代でも、40代の役を与えられたならその声を出さないといけないんです。

要は「役になりきる演技力」が求められるってことですね。

厳しい世界ですが、この演技力を武器に、オーディションを突破しなければあなたの声優デビューは難しくなるでしょう。

オーディションでは一つの役の座を求めて、数百人の声優が挑むことなんてザラです。

その中でも勝ち抜いていくためには、「声の幅を広げる」ことが大切です。

「声の幅を広げる」ためにはどうしたらいいか?

おすすめの方法は、あなたが接している周囲の人の声マネ練習です。

明るくみんなに人気がある人はどんなしゃべり方をしているのか、嫌われている人はどんな話し方をしているのか、これを繰り返していくうちに、声の幅を広げられるだけでなく、人を見る目も養われるようになります。

また、繰り返しになりますが「演技力」も非常に重要

オーディションを受けるときに、その役の気持ちを深く理解するために、事前に調べられることは調べる。

また、与えられたキャラクターの設定(例えば「お調子者」「坊主」)があれば、アニメやドラマ、映画などから同じ共通展をもつキャラクターを探して、それを演じている役者の発声や演技を研究するとよいでしょう。

オーディションに受かるために練習と研究を繰り返し、役をゲットした後もしっかり台本を読んで練習することも忘れずに。

スポンサーリンク

まとめ(高校生が声優になるためにはどうすればいい?)

高校生でも、正しい基礎連流と努力を重ねれば必ず声優になれます

ぜひこれから声に磨きをかけ続けていってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です