半沢直樹2の苅田光一役は「丸一太」!舞台俳優として活躍後2014年にドラマデビュー!

2020年7月よりTBS系列で放送の大人気ドラマ「半沢直樹2」

出演者の中でも、とりわけ独特の存在感を放つ丸一太さんという方がいらっしゃることをご存知でしょうか?

舞台俳優として活躍していたことや有名作品に出演している等、丸一太さんの魅力やプロフィールに焦点を当ててみます!

スポンサーリンク

半沢直樹2の苅田光一役は「丸一太」!wiki経歴プロフィール

【出典】https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-679949/photo/

丸一太
  • 名前:丸 一太
  • なまえ:まる いった
  • 生年月日:1975年11月21日
  • 出身:愛媛県
  • 学歴:不明(大学法学部出身)
  • 所属:アンプロモーション

俳優の丸一太さんは、1975年に愛媛県にて生まれます。

丸一太さんが役者を志した理由・契機として挙げているのが「大学の頃、法学部のゼミで模擬裁判の劇をしたこと」とおっしゃっていますので、少なくとも大学を卒業していることが伺えます。

それに「法学部」に通っていたとは、驚きです。

一見するとなんの関係もなさそうな「法学部と役者」ですが、模擬裁判の劇がきっかけとはとても面白いですよね。

丸一太が演じる「苅田光一」役とは?半沢直樹の新たな同期?近藤の代わり?

【出典】https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/

そんな丸一太さんが、ドラマ「半沢直樹2」で演じるのが、苅田光一という役どころです。

半沢直樹の出向元である東京中央銀行・情報システム部に所属し、半沢直樹とは同期入社という役回り。

原作では苅田は法務部に所属しており、その観点から半沢直樹にアドバイスをする人物でしたが今回ドラマ化にあたっては「情報システム部」へと変更されています。

しかし、同期入社の親友であることにはかわりないので、その苅田の役どころから半沢直樹をサポートしていくのではないかと考えられます。

また、半沢直樹の同期といえば近藤直弼ですよね。しかし、続編である半沢直樹2には近藤の登場はないので、その役割を苅田が担うのではないでしょうか。

スポンサーリンク

丸一太は大学卒業後、舞台俳優として活躍

すでに述べたとおり、丸一太さんは大学時代のゼミで行われた模擬裁判の劇で演劇に興味を持ったと語っています。

当時の丸一太さんは、特に将来の夢もなりたい職業も決まっていない状態。そんな中「じゃんけんで負けた」事によって演じる側にまわり、その時に「演じることの面白さ」に取りつかれました。

大学卒業後は劇団養成所に通い、ドラマ等の映像の世界ではなく「舞台の板の上で演じる」舞台俳優として活躍しました。

契機となったのが大学生時代の模擬裁判だったということです。

まさに「ひょんなことから」役者への道を志し、それが今や超有名作である「半沢直樹」に出演するまでになるなんて、驚きのサクセス・ストーリーではないでしょうか。

スポンサーリンク

丸一太のテレビデビュー作は2014年の「ルーズヴェルト・ゲーム」

 

【出典】https://www.tbs.co.jp/ROOSEVELT_GAME/

舞台俳優として「板の上で演じる」役者の道を歩んでいた丸一太さん。

映像作品に初めて出演したのが、2014年に同じくTBS系列で放送された、池井戸作品のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」でした。

それまで丸一太さんは、ドラマ作品のオファーは長らく断っていたそうですが、東京まで舞台を見に来てくれていたお父様が難病となり観劇が難しくなったため、テレビ出演を決めたそうです。

いわゆる「親孝行」のためのテレビ出演。

その後レギュラー出演したドラマ「小さな巨人」をすべて見終えた直後、お父様は亡くなってしまったそうですが、テレビで見る丸一太さんの活躍はきっとお父様にとっても誇らしかったに違いないでしょう。

スポンサーリンク

丸一太のこれまでの出演ドラマ・作品は?TBSとNHKドラマで活躍!

ドラマという映像作品にも多数出演するようになった丸一太さん。

もともと数多くの舞台経験をもち、その高い演技力でオファーも受けていたというだけあり、出演したドラマもどれも有名作品ばかりです。

初めてのドラマ出演となった「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014)をはじめ、「流星ワゴン」(2015)・「小さな巨人」(2017)・「陸王」(2017)・「下町ロケット」(2018)など、挙げる作品のすべてが誰もが知るタイトルです。

特徴的なのが、TBS系列で放送の池井戸作品に多く出演していることがわかります。

また、出演は民放局だけにとどまらず、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」や連続テレビ小説「半分、青い。」でも活躍しました。

キラッと光る、安定感・存在感のある演技で、ドラマを彩る名脇役とも言えるでしょう。

丸一太の演技力に対するみんなの評価は?

劇団時代の後輩の方と思われますね。

「長い時間コツコツ積み上げて」というコメントからも分かる通り、丸一太さんの高い演技力はそれまでの努力や経験から創り上げられたものと言えるでしょう。

こうした部分を役にぶつけることのできる丸一太さんだからこその演技に注目です。

ドラマ「半沢直樹2」に苅田役で出演している丸一太さん。

主役級ではないながらも、作品にそっと熱量と輝きを添える存在感は随一のものをもっていますよね。

今後作品の中での苅田に要注目です。

こちらは朝の連続テレビ小説「半分、青い。」出演時のコメントです。

丸一太さんの高い演技力・さり気なくも大きい存在感どの作品のイメージにも溶け込むことが出来るといえるでしょう。

まさに脇役界のカメレオン俳優!ですね。

まとめ

以上、現在放送中の人気ドラマ「半沢直樹2」に出演している丸一太さんについて詳しく見てまいりました!

舞台出身の俳優さんであり、過去の出演作品もどれも有名作品ばかりの高い演技力を誇る丸一太さん。

癖があり、それでいて色濃い存在感を放つ名脇役とも言えます。

そんな丸一太さんに是非ご注目を!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です