学生支援緊急給付金はいつからいつまで?自宅生OK?LINEラインで申請OK?

「学生支援緊急給付金」が2020年5月19日に閣議決定され、アルバイト代が減って困窮している学生にも政府が救ってくれるようになりました。

ただ、「学生支援緊急給付金」ってどんな給付金で、誰が対象で、いつ給付されるか、分かりにくいですよね。

ここでは、学生支援緊急給付金について、対象者や受給要件、具体的な申請方法も分かりやすく解説していこうと思います。

スポンサーリンク

【まず押さえよう!】学生支援緊急給付金はいつからいつまで?


まず、学生支援緊急給付金の申請期間・期限についてお伝えします。

いくら申請方法が分かっていても、締切日を過ぎてしまうと申請できません。

ここは絶対押さえてください。

学生支援緊急給付金の申請期限

締切期限:2020年6月19日(金)

2020年6月19日(金)が申請期限。

ただ、これは政府が決めている期限です。

学校によって、早めに設定しているところがあるかもしれませんので、詳細は所属のHPなどを確認してください。

そして、期限に間に合うように申請しましょう!

HPを確認できましたか?

できていない人はこの記事を見てからでもいいので確認するようお願いします。

それでは以下、学生支援緊急給付金の概要や対象者、LINEラインの具体的な申請手順について解説していきます。

学生支援緊急給付金とは?


では、そもそものところから。

学生支援緊急給付金とな何なのか?

これは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「経済的に困窮する学生を支援するための給付金」です

給付金ですから返納する必要はありません。

条件を満たし手順をふめば「政府からお金をもらえる」ものとなります。

どれくらいもらえるかですが、

学生支援緊急給付金
1人当たり10万円(住民税非課税世帯の学生は20万円)

ここで「住民税非課税世帯の学生は20万円が支給される」と思いますが、おそらく割合としては少ないため、たいていの学生さんは10万円給付の対象になると思います。

スポンサーリンク

学生支援緊急給付金は誰がもらえるの?


では、学生支援緊急給付金は誰が対象なのか。

次の人たちが対象になります。

給付対象
  • 大学生
  • 大学院生
  • 短大生
  • 高専生
  • 専門学校生
  • 留学生

まず、国内の大学生や大学院生や短期大学に通われている人は対象です。

そして高等専門学校、高専生も対象。

ただし、高専生はすべてではなく、第4学年・第5学年及び専攻科に限るということです。

そして専門学校(専修学校)も含むということです。

幅広い学生が対象になっています。

このうち、政府の試算では、43万人の学生が対象になるのはないかということです。

スポンサーリンク

受給の要件は?自宅生もOK?


では、そのうち、どういった条件を満たせば支給対象になるのか。

政府は次の3つの要件を提示しました。

受給対象となる学生の要件
  1. 家庭から自立してアルバイト収入で学業を賄っていること
  2. コロナの影響で、アルバイト収入が大幅に減少していること(▲50%以上)
  3. 既存の支援制度と連携を図って、長期的な視点からも「学びの継続」の確保を図っていること

なお、最終的には、大学側が学生の自主的な自己申告状況に基づき総合的に判断することとなる

要件1(家庭から自立してアルバイト収入で学業を賄っていること)について

まず、要件1について、もう少し細かくみていくと、

  1. 家庭から多額の仕送りを受けていないこと
  2. 原則として「自宅外」で生活をしていること
  3. 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高いこと
  4. 家庭の収入減少により、家庭からの追加的給付が期待できないこと
という要件があります。

ここで注目されるのが②の「原則として「自宅外」で生活をしていること」という部分。

これだけみると、自宅生は対象にならないのか?って思っちゃいますよね。

でも、政府の見解ととしては「原則」であって、自宅生でも今回のコロナの影響で困窮している場合は申請は問題ないということです。

これは、④にもありますが、お父さん・お母さんだってこのコロナの影響で収入が激減している方は少なからずいます

連日のニュースをみても、収入が半分になった、子供の養育費も厳しい・・という声も上がっていますよね。

自宅生でも実際にそういった家族全体でコロナで困窮している場合は申請しちゃって全く問題ないってことなんです。

要件2(コロナの影響で、アルバイト収入が大幅に減少していること)について

つづいて、2番目の要件「コロナの影響で、アルバイト収入が大幅に減少していること」について。

これは但し書きに「▲50%以上」と書かれています。

つまり、アルバイト収入がたとえば、月に10万円あったのが4万円になってしまって▲60%になった場合はもらえます。

一方、▲50%を満たさないとき、たとえば月10万円あったがの6万円になって「▲40%」だった場合はもらえないのか?

通常は「4割減だからもらえないわ・・・」って諦めそうですが諦めないでください!

実は政府の要件には、マジックワードがあります。

上記ボックスの赤字「なお、最終的には、大学側が学生の自主的な自己申告状況に基づき総合的に判断することとなる」という一文。

これは政府が学校側に通達しているのですが、一部の条件を満たさない場合でも、総合的に判断して給付が必要ならOKということなんです。

なので、もしアルバイト収入が▲50%以上でなくても、申請はできますのでご安心ください。

そして本当に困っている学生には学校側は一部要件を満たさなくても支給してくれることになっています。

なので、受給要件どうかなと悩む場合は、まずは学校に相談してみてください。

スポンサーリンク

学生支援緊急給付金はいつからもらえる?


では、気になる「学生支援緊急給付金」はいつからもらえるのか。

生活がひっ迫しているなら今すぐにもらいたいですよね。

学生支援緊急給付金は2020年5月19日(火)より順次大学などで受付が開始されています。

そして学生の皆さんは、大学が皆さんの申請リスト(大学側が受給OKとしたリスト)を日本学生支援機構に提出したら、そこから「1~2週間」で給付金がもらえるタイムスケジュールになっています。

学生支援緊急給付金について徹底解説した動画

また、こちらはこの制度の提言にかかわった衆議院議員の「伊佐進一」さんと「国重徹」さんの解説動画です。

国会議員が作った動画?カタそう・・・

と思ったのですが、所々にツッコミなどのユーモアもあって、最強に分かりやすいのでお勧めです!

下にあるタレントの井上咲楽さんによるLINE申請の実践動画と合わせてみれば怖い者ありません!

具体的な申請方法は?LINE(ライン)でできる!

そして、学生支援緊急給付金の申請方法ですが次の2パターンがあります。

学生支援緊急給付金の申請方法
  1. 大学のHPから申請書をダウンロードして提出する
  2. 大学のHP等に記載のQRコードから「LINE(ライン)」で申請する

いま学生さんはリモート授業等で自宅で授業を受けている方も多いと思います。

LINE(ライン)の申請方法だと、学校にわざわざ足を運ばなくとも、書類を提出しなくとも、その場で申請ができる。

これはかなり便利な申請方法ですよね。

【めちゃ分かりやすい!】タレントの井上咲楽さんが学生支援緊急給付金のLINEライン申請を実践!

学生支援緊急給付金のLINE申請については、タレントの井上咲楽さんが、YouTubeチャンネルで動画を交えて解説してくれています。

冒頭は、制度の概要を少し紹介し、そのあとにLINEを使って実際に申請。

手順や注意点を伝えてくれています。

この動画みながら申請すると分かりやすいですよ!

学生支援緊急給付金のLINEライン申請で手元に用意しておくもの3つ

LINEラインで学生支援緊急給付金をスムーズに行うために次の3点は手元に用意しておくとスムーズです。

スムーズに行うために必要な書類
  1. 学生証
  2. 口座番号
  3. アルバイト先の給与明細(任意)

操作の途中で画像をアップロードする場面がありますので、申請前に用意しておくとスムーズです。

ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です