初心者必見!海外仮想通貨取引所『Binance』を分かりやすく紹介!メリット、デメリット、口コミ・評判とは?

今回、ご紹介するBinance(バイナンス)という仮想通貨取引所は、海外に拠点を置いています。

このBinanceは、Bitcoin(ビットコイン)を始め、取り扱い通貨がとても豊富な取引所なんです。

少し興味を持っても「海外」という言葉を聞いただけで、拒否反応を示してはいませんか?

はたして、公式サイトやスマホアプリは日本語に対応しているのか?

Binanceを利用するメリット、デメリットを口コミ、評判を交え、初心者にもわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

海外仮想通貨取引所『Binance』とは?

Eulalia Musserさん(@eulalia_musser_637)がシェアした投稿

Binanceとは、地中海のマルタ島に拠点を構える仮想通貨取引所です。

以前は香港だったのですが、仮想通貨への規制が強まっていることから、移転した模様です。

Binanceは2017年7月に設立されると、わずか5ヶ月後の12月には、取引量世界一を記録しました。

取り扱い通貨はなんと100種類以上!

毎月、Community Coin Of The Monthというイベントを開催しており、自分がBinanceに上場してほしい、という仮想通貨に投票することができます。

人気上位となった仮想通貨は、費用無しでBinanceの上場通貨となれる。というわけなんです。

他にはない、中々ユニークなサービスですよね。

海外仮想通貨取引所『Binance』のメリットは?

awesome objectssさん(@awesome_objectss)がシェアした投稿

Binanceを利用するメリット、とはいったいなんでしょうか?

まず取引手数料の安さです。

通常でも0.1%と格安なのですが、Binanceトークン(仮想通貨の一種)であるBNBを利用すると、半額の0.05%となります。

高くなりがちなアルトコインの手数料も同様です。(他の取引所では0.1%〜0.3%)

売買するたびにかかるものですから、この取引手数料の低さはありがたいですよね。

また、取引スピードが高速。

1秒間になんと、140万件もの注文を処理できるそうです!

次に取り扱い通貨が非常に豊富。

草コインも取り扱っており、投資のしがいがあります。

草コインとは、1単位1円以下のとんでもなく安い仮想通貨です。

そのまま紙切れ以下になるリスクはありますが、逆に急騰する可能性も。

海外ではshitcoinですが、日本では定着しなかったのか、なぜか草コインと呼ばれています。

スポンサーリンク

海外仮想通貨取引所『Binance』のデメリットは?

世界トップクラスの実力を持つ、Binance。

ですが、残念ながら日本では認可されておらず、先日には「無登録で仮想通貨交換業務を行った」として金融庁から警告を受けてしまったのです・・・

それに伴い、サイトの日本語の対応や「使いやすい」と評判だった日本でのスマホアプリ配信は、無くなってしまうという事態に。

この先、日本人がBinanceを利用できなくなる可能性もあります。

米ドルに次いでのシェアを誇り、仮想通貨大国と呼ばれるほどの日本。

Binanceにとっては、大きな打撃になるのでは・・・

と思いきや、BinanceのCEOジャオ・チャンポンは、「心配することはない。長い目で見れば、ネガティブなニュースもポジティブなニュースになることはよくある」
と悲観的にはなっていない模様です。

今後も、日本政府やBinanceの動きに要注目ですね。

スポンサーリンク

海外仮想通貨取引所『Binance』の口コミ・評判は?

Bitcoin NEWS 🔵さん(@bitcoin.info)がシェアした投稿

ここでBinanceの口コミ、評判を見ていきましょう。

サーバーの強さやレスポンスの良さなど、日本の仮想通貨取引所よりも優れていると考える方が多いようです。

日本語に対応しなくなったことが、悔やまれますね。

では悪い口コミ、評判はどうでしょうか?

Binanceの悪い口コミというよりは、今回の警告騒動について言及している方が多い印象です。

海外の仮想通貨取引所であるため、金融庁が処罰することはできませんが、支社の設立や日本語対応など、日本人向けのサービスは厳しくなってしまいました。

この先、Binanceがどう出るか注目していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

金融庁から警告を受けたものの、日本の法律に合わなかったというだけで、Binance自体は怪しいサイトではありません。

それどころか世界最高レベルの仮想通貨取引所なんですね。

ただし、日本語対応しておらず、日本政府もどう動くか不明なので、くれぐれも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です