Bitcoin(ビットコイン)とは?名前の由来は?初心者にも簡単に分かりやすく説明します!

Bitcoin(ビットコイン)で大儲けした!という話、聞いたことありませんか?

自分も手を出してみたいけど、仮想通貨?暗号通貨?と意味のわからない言葉だらけで、諦めた方はたくさんいるのではないでしょうか。

この記事では、初心者の方にもわかりやすいよう、ビットコインについて簡単に説明したいと思います!

スポンサーリンク

Bitcoin(ビットコイン)とは?円やドルとの違いは?

Bitcoin(ビットコイン)を簡単に言うと、円やドルと同じ「通貨」です。

単位はBTCで表されます。

ただし実際に、目に見える形として存在するわけではありません。

ネット上にある仮想の通貨、だから「仮想通貨」と呼ばれているのです。

高度な暗号セキュリティに守られているので、「暗号通貨」とも言われます。

円やドルとの違いはなんだと思いますか?

それは「中央銀行」がないことです。

日本円であれば、日本という国が管理していますよね?

ビットコインの管理には、国も企業も関与しません!

ビットコインを発行(マイニング[発掘]と呼ばれます)するプログラムに沿って、個人が発行していくのです。

発行量によって市場価値が変動する。

つまりたくさんの人がビットコインを発行すれば、ビットコインの価値は上昇します。

ですがビットコインを発行させすぎると、逆に価値が下がる=インフレが起きます。

そうはならないよう、あらかじめ発行量は決まっており、インフレを起こさないようになっています。

スポンサーリンク

Bitcoin(ビットコイン)の名前の由来は?

ビットコインの名前の由来は、ブラム・コーエンが開発した、ファイル共有プロトコルの Bit Torrent(ビットトレント)と言われています。

ビットコインは中央管理がされていないので、直接的にデータを送受信します。

つまり誰かにビットコインをあげたい場合は、その人が持つビットコインアドレスにビットコインのデータを送るのです。

この「直接的にデータを送受信する」仕組みをPeer to peer 略してP2Pといいます。

ビットコインに使用されているP2Pのシステムがビットトレントというわけなんです!

スポンサーリンク

Bitcoin(ビットコイン)はどこで手に入るの?

ビットコインを手に入れる方法は、大きく分けて2種類あります。

①購入
お金を支払って手に入れる方法

②発掘(マイニング)
ビットコインはすべての取引を取引台帳に記録しており、処理にはとんでもないほどの計算量が必要です。

その計算にコンピュータのCPUを提供してくれる人に対価として、ビットコインが支払われる方法です。

ただし一般的なパソコンでは、発掘量よりも電気代の方が高くついてしまいます。

ビットコイン専用にチューニングされたハイスペックなものが必要です。

①の購入について説明します。

仮想通貨取引所にアカウント登録し、口座を開設。

口座に入金する。

ビットコインを購入する。

以上です笑
めちゃくちゃ簡単ですよね?

取引しない限りは無料ですので、試しに登録してみましょう!

スポンサーリンク

Bitcoin(ビットコイン)を持つメリットは?

ビットコインを持つことは、様々なメリットがあります。

円を海外に送金したい場合は、色々な銀行を通ります。

ということは、経由するたびに手数料が発生しますよね?

でも直接的に送受信するビットコインならば、手数料は無料、または格安で済みます!

特定の国が管理しているわけではないので、24時間、世界中のどこでも使用可能です。

クレジットカードと同じような感じもしますが、クレジットカードは情報を渡してしまうため、悪用される恐れがあります。

ビットコインは情報を渡さず、セキュリティ面での安全性が高い!というわけなんです。

スポンサーリンク

まとめ

難しいイメージがあるビットコイン。

実は簡単に購入できるんですね。

ビットコインの価値変動は、今現在落ち着いていますが、今後、また仮想通貨のバブルは起きると言われています。

波に乗り遅れないよう理解を深めていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA