初心者必見!絶対おさえておきたい仮想通貨の種類!モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュ、ネムとは?

世界的に最も有名な仮想通貨はBitcoin(ビットコイン)です。

ですが仮想通貨には様々な種類があり、それぞれ異なった特徴を持っているのは知っていましたか?

今回は「モネロ」「ジーキャッシュ」「ダッシュ」そしてコインチェックからの流失で一躍有名になった「ネム」について、初心者にもわかりやすいよう説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

匿名性の高い仮想通貨『モネロ(Monero)』とは?

Tradingさん(@crypto_trader_btc)がシェアした投稿

モネロとは、エスペラント語でコインを表す仮想通貨です。

特徴は高い匿名性です。

ビットコインの場合は、誰がどこにいくら送金したのか、誰でも閲覧することができるのですが、モネロはそれができません。

またビットコインと比べて、送金処理速度が速く、(ビットコインの約5倍)マイニングが容易であるという特徴を持ちます。

反面、その匿名性から悪用されやすいという欠点も合わせ待っており、実際に闇サイトでの使用も行われていました。

ですが、プライバシーという点では優れた仮想通貨なので、安全性を重視する方にはおすすめです。

ちなみに聞きなれないエスペラント語という言語。

エスペラントという国があるわけではなく、1887年にユダヤ人のルドヴィコ・ザメンホフさんという方が「世界の共通言語になるように」と人工的に作り出した言語なんです!

スポンサーリンク

JPモルガンお墨付きの仮想通貨『ジーキャッシュ(Zcash)』とは?

blockchain techさん(@blockchain_tech)がシェアした投稿

ジーキャッシュとは、匿名性の高い仮想通貨です。

その歴史はまだ浅く、2016年に誕生しました。

匿名性の高さはモネロよりさらに上で、仮想通貨No.1と言われます。

「ゼロ知識証明」という技術を持ち、JPモルガン銀行と提携しています。

ゼロ知識証明とは、送受信するアドレス、数量、履歴の全てを暗号化し、正しい閲覧キーを持つものだけが確認できるという方法です。

信用性を売りにしている銀行が認めていることからも、その技術の素晴らしさがわかっていただけるのではないでしょうか?

またビットコインとの類似点が多く、「第二のビットコイン」と呼ばれます。

ビットコインを利用している方、同じ仕組みを持ち、なおかつ匿名性が高いジーキャッシュはいかがですか?

スポンサーリンク

あのAmazonが勧めた仮想通貨『ダッシュ(DASH))』とは?

DashPzoさん(@dashpzo)がシェアした投稿

ダッシュは元々「Darkcoin」という名前だったのですが、Darkから縁起の悪さを感じたのか、2015年にDash(ダッシュ)に名称を変更しました。

そんなダッシュの特徴は、モネロやジーキャッシュと同じく匿名性の高さです。(匿名通貨三兄弟と呼ばれたりも)

じゃあ同じような仮想通貨なのでは・・・というわけではなく、送金処理速度が数段上なんです。

モネロやジーキャッシュの処理速度は約2分と決して遅いわけではないのですが、ダッシュの場合は、なんと約1秒!

その速さはダッシュ通貨が使用できる自動販売機が登場しているほど。

またAmazonに将来性が認められており、ダッシュ通貨でギフトカードが購入可能です。(ダッシュ以外ではビットコインだけ)

匿名性を保ちつつ、迅速に送金したい方にはうってつけの仮想通貨です!

スポンサーリンク

コインチェック事件で話題となった仮想通貨『ネム(XEM))』とは?

CCIXさん(@c.c.i.x)がシェアした投稿

ネムといえば、流失事件があったことからマイナスイメージが強いと思います。

ですが、実はコインチェックという取引所のセキュリティに問題があっただけで、ネムにはなんの落ち度もありません。

むしろネムは仮想通貨の中でトップクラスの安全性を持ちます。

ネムのネットワークを利用するにあたって、その利用者が信頼できるのか、判断する機能が格段に優れているのです。

また2018年にはカタパルトが予定されています。(カタパルトとはアップデートのようなもの)

カタパルトを行うとどうなるのか?

処理速度が1秒間に4000件と桁違いに速くなります!

この数字、ピンとこないかもしれませんが、世界最速の処理速度を持つ「VISAカード」と同じなんです。(ビットコインは1秒間に14件程度。約330倍!)

流失事件で価格が落ち込んでいる今こそ、買い!の仮想通貨です!

スポンサーリンク

まとめ

セキュリティ能力の高い仮想通貨を紹介してみました。

しかし、いくら安全性の高い仮想通貨といえども、「ネム事件」のように取引所がハッキングされると、ひとたまりもありません。

仮想通貨は必ず自分のウォレットに移動させ、保管・管理するようにしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA