【最新情報】Apple TV 4K 9月22日より発売! 価格は?予約は?ソフトバンク

皆さん、今朝のニュースご覧になりましたか!?

日本時間9月12日の午前2時より始まったAppleの新製品発表会の様子をどのメディアも放送していましたね。

世間の注目は「I phone X(テンと発音)」だったようですが、私は同時に発表された「Apple TV 4K」に注目しました!

注目した理由は、現在、日本では4Kテレビやモニタが普及しつつあり、Apple TV 4Kはまさに未来を見据えた商品だから。

「HDR」対応で約10億7374色同時表示が可能になり、従来の8bitカラー(約1677万色)から解像度がウルトラ上昇しています!

さらにさらに、Dolby Visionにも対応している優れもの!

プロセッサはA10X、従来機と比較して2倍のCPUスコア、4倍のGPUスコア。

それでいて、価格は従来とほぼ変わらない!!

これはもう買いだと思います!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

Apple TV とは

ではそんなApple TV 4Kですが、これはどういった商品でしょうか。

ここからは、「Apple TV 4K」の前に「Apple TV」自体にについて簡単に紹介していきます。

皆さん、Apple storeで次のような商品を見かけたことありませんか?

どこかお弁当みたいな感じのもの。

これがApple TVです(第4世代)。

「え!TVって言ってるけど、モニターないじゃん!」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、大丈夫。

こちらは、ご自宅のTVに接続して初めてTVとなる「セットトップボックス」タイプの商品となっているんです。

セットトップボックスとはいわゆるチューナーです。

AppleTVとは別に用意するもの

Apple TVはチューナーのため、それを映し出すモニター(TV)とネット環境や付属備品が必要になっていきます。

  1. HDMI対応高解像度テレビ(解像度0Pまたは720P)
  2. HDMIケーブル
  3. インターネット環境 (無線 or 有線)
  4. iTunes Storeアカウント(AppleID)

これに無線LANあるいは有線LANを接続することで、提携しているTVを視聴できたり、YouTubeやHuluやNetflexの映像も見ることができます。

Apple TV で視聴可能なコンテンツ

Apple TVは、一般的な地デジ、BS、CSは視聴できませんが、提携しているTV番組(BloombergやAbemaTV)は視聴できます

従来、Apple TVで視聴できるコンテンツが海外に比べて少ないと批判されたこともありましたが、徐々に視聴コンテンツを増やしてきています

提携しているアプリにもよりますが、例えば、AbemaTVは、2017年3月に「サッカーチャンネル」を開設し、これまで視聴できてなかった、世界の有名クラブチーム(「バルセロナ」「マンチェスター・シティ」「マンチェスター・ユナイテッド」「バイエルン」「ドルトムント」「ラツィオ」「ローマ」「ユヴェントス」)の試合を全て無料で視聴できるようになりました。

年内には、amazon primeビデオも視聴できるようになり、今後もますますコンテンツが充実してくることが確実となっています。

スポンサーリンク

Apple TV 4Kのすごいところ

そんなApple TVですが、今回発表されたApple TV 4K は第5世代目にあたるApple TVとなっています。

第5世代にあたるApple TV 4Kのすごいところ、これまでとの違いは何か?

紹介していきましょう。

目の覚めるような最強クオリティの画質

なんといっても。Apple TV 4Kでは、目の覚めるような4K 「HDR」クオリティで映画やテレビ番組を楽しむことができます。

「HDR」というのは「High Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)」の略で、旧来の方式「SDR」(Standard Dynamic Range /スタンダード・ダイナミック・レンジ)に比べ、明暗の差をよりダイナミックに表現できるようになりました。

この実現によって、より人間の目に近い映像美を楽しめるようになりました。

9月12日のAppleのプレゼンでも、SDRとHDRの違いが紹介されています。

HDRの画像の方がより鮮明ですよね。

Dolby Vision対応が意味するもの
「Dolby Vision」は、2014年に米国ドルビーラボラトリーズ社が開発した高画質化技術のことです。

Apple TV 4Kでは、HDRだけでなく、こちらの高画質技術も採用されており、より広い色空間とダイナミックレンジをもつ動画を伝送することが可能になりました。

こちらがDolby Visonのテクノロジーです。動画の美しさには圧巻です!

今見たい最新のニュースやスポーツが視聴できるように

Apple TV 4Kでは、アプリのインターフェイスが刷新され、スポーツイベントや最新ニュースをライブストリーミングで視聴できるようになりました。

NBAやMLBなどのアプリケーションを使ってお気に入りのチームを追いかけたり、「Bloomberg」や「AbemaTV」を使って最新ニュースをチェックすることができます。

さらに、年内にはNetflixの「4Kコンテンツ」が年視聴可能になり、またAmazon Prime Videoも同じく年内に見られるようになります。

スポンサーリンク



パワフルなプラットフォーム

AppleTV 4Kには「A10X Fusionチップ」が搭載されています。

このチップがもたらすパワフルなプラットフォームによって、ゲームやアプリケーションでの体験が一段と豊かでインタラクティブなものになります

ゲームやアプリケーションは、App Storeですべて「Apple TV用」として見つかります。

ゲームコントローラやヘッドフォンなどのアクセサリと一緒に使えば、楽しさのスケールも大きくなること間違いなし!

iCloudフォトライブラリやApple Musicも楽しめる

AppleTV 4Kを使えば、iCloudフォトライブラリや共有アルバムにある写真とビデオを大画面に映し出すことができます。

また、Apple Musicを家にあるテレビと最高のスピーカーで楽しむこともできます

もちろん、iTunes Storeにアクセス可能で、直接コンテンツを購入したり、映画のレンタルもできます

友だちや家族が、自分のデバイスにある写真やビデオをテレビに映したいと言っても大丈夫。

AirPlayを使えば思いのままです。

探している番組はSiriに伝えるだけでOK

Apple TV 4Kでは、探したい番組を見つけるための手間のかかる文字入力は不要です。

1つ前の第4世代からSiriによる音声入力ができるようになりました

声に出してSiriに伝えるだけで、欲しい情報をネット検索できたり、好きな映画、テレビ番組、ジャンル、音楽を視聴することができるんです。

例えば「今日の天気を教えて」「おすすめの映画を見せて」「俳優の●●さんが出ているドラマ見たい」と言うだけで、Siriが候補を表示してくれます。

こんなイメージです。1つ前の第4世代で実験された方の動画です。

スポンサーリンク

Apple TV 4Kの価格は?

では、気になる、Apple TV 4Kの値段はいくらするのでしょうか。

一世代前の「Apple TV(第4世代)」が2015年に販売されたときの価格は、

「Apple TV(第4世代)」
32GBモデル
・・・1万8400円(2015年10月30日当時)

64GBモデル
・・・2万4800円(2015年10月30日当時)

では、「Apple TV 4K(第5世代)」の値段はというと、

「Apple TV 4K(第5世代)」
32GBモデル
・・・1万9800円(2017年9月22日予定)

64GBモデル
・・・2万1800円(2017年9月22日予定)

32GBモデルは、第4世代販売時よりも少し値上がりしましたが、64GBモデルは3000円も安くなっています

スポンサーリンク

Apple TV 4Kの予約方法は?発売はいつ?

では、気になるApple TV 4Kの予約方法と販売について紹介します。

日本でのApple TV 4Kの予約受付は、2017年9月15日(金)の16時01分よりソフトバンクのApple TV取扱店にて開始されます。

販売開始は、2017年9月22日(金)から

docomoやauでの取扱いはありませんのでご注意ください。

Apple TV 4K ソフトバンクの取り扱い店はこちら

スポンサーリンク

まとめ

9月22日(金)から販売される「Apple TV 4K」。

最近は、直接テレビを見ず、動画配信でニュースやドラマを視聴することが主流となっていきました。

この流れは今後も加速していくと思われます。

そういった意味でApple TV 4Kは、まさに未来TVにふさわしい商品と言えるかもしれません!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA